【へその病気NAVI】へその緒・ごま・ピアス



sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
hesokuri21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。









sponsored link




本来女性にとって恥ずかしい部分であり、だからこそあえて露出して注目を浴びることの出来る場所「おへそ」。水着もワンピースよりもビキニが主流になり、ピアスなどの装飾品を付けたりタトゥーを彫ったりと、今やファッションの一部と化しています。お腹の一部分を見せることで男性を魅せる目的があり、へその形や大きさなど非常にこだわる方も増えました。整形外科ではおへその形を綺麗に治す手術まであり、自分のおへそが気に入らない方やコンプレックスを持っている方に対して特に人気があるようです。

このサイトではへそに関係する色々な事をご紹介しています。
へそとは何か?へその病気とはどんな病気があるのか?へそのお手入れの仕方などへそにまつわる様々な情報を提供致します。

なぜかへそという言葉が使われているへそくり。赤ちゃんとお母さんの命を繋ぐ糸であるへその緒。へそに溜まるゴマ。近年非常に流行しているピアス。知っているようで実は詳しく知らない事ばかりではないでしょうか?それぞれ詳しく説明していきましょう。


⇒ お臍(おへそ)

⇒ へそくり

⇒ へその緒

⇒ ゴマ(へそのごま)

⇒ へそピアス



ここでは臍の病気についてご紹介していきます。
臍に関係する病気はあまり耳にする機会がないでしょう。でもよく昔から「へそをいじると痛くなる」と言われていたのも、実は臍の病気である腹膜炎になる恐れがあるからだったりします。

「お前の母ちゃんでべそ」という文句がありますが、この「でべそ」もひどいものは臍ヘルニアという病気です。他にも尿膜管遺残という珍しい病気についても説明していきましょう。


⇒ 臍ヘルニア

⇒ 尿膜管遺残

⇒ 腹膜炎



へそを露出してファッションとしてよく見せている人にとっては、常に綺麗にしておきたいところです。昔からへそをむやみに触らなると痛くなるという教えもありますが、放置しっ放しでいるというのももちろん不潔に感じます。実際、妊婦が出産する際や腹部の外科手術を行う場合なども不衛生だと手術が出来ないので、手術前に綺麗にしておく必要があります。やっぱり常日頃から綺麗に掃除したいものです。

また、自分のへその形が気に入らなかったり、でべそを治したい場合はへその形状を綺麗にする形成手術を施術している美容整形外科もあります。

ここではへそを綺麗に保つためのお手入れ方法とへその形成手術について説明しています。


⇒ へそのお手入れ方法

⇒ へその形成手術



日本小児外科学会

造血幹細胞移植情報サービス

【鼻づまり解消】鼻詰まりの原因と治療

【手足のしびれ】手足の痺れの原因と治療

猫背解消マニュアル

足の痙攣対策

蓄膿症|蓄膿症の症状と原因


↑このページのTOPへ

sponsored link



copyright©2009  【へその病気NAVI】へその緒・ごま・ピアス  All Rights Reserved