【へその病気NAVI】お臍(おへそ)



sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
hesokuri21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。









sponsored link




へその豆知識をご紹介していきます。



へそは哺乳類に見られるお腹の中央にあるくぼみです。役割としては母親の胎内に居る胎児の時期に、母親から栄養や酸素などの生命維持と成長に必要なものを受け取る為の器官です。母親の胎内から外の世界へ出た後(=出産後)は、特に重要な役割をすることがない場所でもあります。
胎内で繋がっている状態のひも状の管は、臍帯と呼び別名へその緒とも呼ばれこちらのほうが有名です。出産後は自然にもしくは人為的に切断され、新生児の体に残った方の残りも壊死して剥がれ落ちます。この跡がいわゆるおへそです。

へそはヒトの体の中心と言われていることから、日本ではへそという言葉を使った事柄が多く存在しています。北海道の富良野市は北海道のほぼ中心に位置しているため、北海道のへそと呼ばれています。日本の中心は兵庫県の西脇市とされ、日本へそ公園駅などへそにまつわる施設が多数存在します。地球のへそとしてオーストラリアにあるエアーズロックも有名です。

また、おへそはヒトの皮膚の中で唯一汗をかかない部分でもあります。


⇒ へそくり

【へその病気NAVI】TOP

sponsored link



copyright©2009  【へその病気NAVI】へその緒・ごま・ピアス  All Rights Reserved