【へその病気NAVI】腹膜炎



sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
hesokuri21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。









sponsored link




へその病気について説明していきます。



腹膜とは腹部の内臓の周りを覆っている薄い半透明の膜で、腹膜で覆われている空間は腹膜腔と言います。

腹膜炎はその名の通り、腹膜が炎症を起こしている状態のことを言います。腹膜炎には急性腹膜炎と慢性腹膜炎があります。

腹膜炎の原因は細菌の感染が最も多く、胆嚢やすい臓の炎症が広がって起こることもあります。また慢性腹膜炎の場合、結核が原因となっていることもあります。症状は疼痛が時間と共に広がっていき、嘔吐や発熱なども現れます。ひどい場合は意識を失い死に至るケースもあります。

急性でも慢性でも治療は早い段階で行うことが望まれます。薬だけでは治らないので、ほとんどの場合手術を行います。腹膜炎の原因となっている内臓を取り除いたり、破れている箇所を縫合したり、腹膜腔内を洗浄したりする手術が行われます。


⇒ へそのお手入れ方法

【へその病気NAVI】TOP

sponsored link



copyright©2009  【へその病気NAVI】へその緒・ごま・ピアス  All Rights Reserved