【へその病気NAVI】へそのお手入れ方法



sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
hesokuri21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。









sponsored link




へそのお手入れと形成手術について説明していきます。



それではへそのお手入れについて説明していきましょう。

へそを頻繁に手入れしている人はかなり少ないでしょう。へそピアスを付けている人や外出時にへそを出している人でも、月に一度程度あれば良い方ではないでしょうか?外見を気にするだけならその程度でも良いですが、清潔に保ちたいのであればもっと頻繁に行うべきでしょう。

へそのお手入れを今から始めようという方は、まずへその中を綺麗に掃除しましょう。長年手を入れていないへその中は、へそのごまやホコリなどがいっぱい詰まっているはずです。へそのごまを綺麗に取り除く時に、指や爪でこすって取るのは厳禁です。刺激が強いと赤く腫れてしまったり、腹膜を傷つけて腹膜炎を起こしてしまう原因となってしまうからです。ベビーオイルを使って綿棒で優しく取り除くのがベストです。ベビーオイルが無ければオリーブオイルなどで代用ができるでしょう。こうしてまずはへその中を綺麗さっぱり洗います。

一度綺麗にした後は、毎日のお風呂の時に少しお手入れするだけで清潔が保てます。お風呂で体を洗う際にボディタオル(スポンジ)の角で2、3回クルクルと軽くこするだけで、へそのごまが溜まるほど汚くなることはほとんどないでしょう。それでも気になる人や少しでも溜まったなと思う方は、綿棒で掃除するお手入れを加えて行えばバッチリです。

強い刺激を与えないよう、あくまで優しくお手入れするよう心がけましょう。


⇒ へその形成手術

【へその病気NAVI】TOP

sponsored link



copyright©2009  【へその病気NAVI】へその緒・ごま・ピアス  All Rights Reserved